傷害見舞金制度

「傷害見舞金制度に関するページです」

担当:鈴木朋夫(印旛明誠高校)

・報告書の提出は30日以内必着
・診断書の提出は6ヶ月以内必着

ケガが発生した場合は すぐに報告書の作成→提出を!
提出期限を過ぎた申請は 受理できませんので ご注意ください!
(関東協会でも受付けてもらえません)

傷害見舞金制度【 報告書1・2 】

傷害報告書1 (.pdf)


傷害報告書2 (.pdf)

傷害見舞金制度【診断書・給付表】

傷害診断書


見舞金給付表(.pdf) New 2011.改訂版

傷害見舞金制度 申請及び注意事項

注)傷害見舞金制度はスポーツ保険ではありません。あくまでも見舞金制度です。

傷害見舞金についてのお願い

新年度(H29)より傷害見舞金担当が変更になりました。
また、傷害見舞金の請求手続きについて下記の点について確認をしていただき、
遅れや記入漏れの内容にお願いします。

見舞金申請手続きについて
 「傷害報告書1,2」「診断書」に必要事項記入の上、傷害発生から30日以内に必要事項を記入し
 千葉県協会の安全対策担当者に郵送してください。
 なお、千葉県協会の受付日をもって受理日となりますが 30日を越えると受付できません。
 (関東協会で受理されません)
 注)日本協会登録者見舞金制度実施要項を参照


 ※1: 封筒の表に「傷害報告書 在中」と朱書きしてください。
 ※2: 確認のため電話連絡をする場合がありますので
    記入する電話番号は提出者の番号を必ずお書きください。
 ※3: 郵送は受付〆切期日内必着で十分余裕をもって送付をお願いします。

脳震盪(「疑い」を含む)の場合
 「脳震盪報告」・「復帰証明書」を必ず郵送してください。
 *見舞金の申請は任意です。

傷害見舞金担当(H29年度より担当者が代わりました)

〒270-1337 千葉県印西市草深1420-9 
 千葉県立印旛明誠高等学校 鈴木朋夫
 電話 0476(47)7001※基本的に問合せはメールでお願いいたします!
 FAX 0476(47)7003
 メールアドレス tomorrow_wtb@yahoo.co.jp

点検事項
 1 傷害報告書1・2
  ・受傷日(事故発生日)から30日以内(30日を経過したものは受付けられません)  
  ・チーム代表者の記名及び押印
  ・団体登録番号及びJRFU共通個人IDの記入

 2 診断書
  ・受傷日(事故発生日)から6ヶ月以内(6ヶ月を経過したものは受け付けられません)
   *医療機関の都合による場合は、その旨御連絡ください。(6ヶ月以内)
  ・医師あるいは歯科医師のものに限ります。※整骨院・接骨院のものは対象外です。

 3 チームへの連絡
  ・見舞金の送金が完了し次第「等級」「見舞金」をチーム管理者にeメールにて連絡します。
   メールアドレス等変更の場合は事前にお知らせください。

 4 各チーム代表者(担当者)は提出する書類のコピーを必ず保管してください。
   見舞金の給付は、関東協会で審査後、千葉県協会より報告書記載の指定口座に振込となります。
   なお、傷害報告書の金融機関は、必ず正式名称を確認してから記入してください。

【重要事項】
 重症事故発生の場合は 下記の手続きと重傷傷害報告を行ってください。
 また、あわせて千葉県協会まで直ちにご一報ください☞

 ■重症傷害報告について(JRFU)こちらでご確認ください☞日本協会(メディカルコミッティ)


傷害見舞金関連のお問合せ先

 ■担当:鈴木朋夫(印旛明誠高校) までメールにて お願いいたします☞